漫画 / 早良 朋  イラスト/ 道朋 

イラストや漫画・気になったものなどを載せていきます

へんなものみっけ!1巻 再重版となりました。

f:id:kokokarahajimeru:20180216221035j:plain

 

へんなものみっけ!1巻が再重版となりました。

原稿の締め切り間近に聞いたため、まずはお手伝いして頂いたユッピーちゃんと静かに騒ぎました。

 

上にも書きましてしつこいようですが、応援して頂いている皆さまに本当に感謝、感謝です。ありがとうございます。

 

そして昨日は打ち合わせだったのですが、今月末号の自分の表紙絵を見て本当に感動しました。

こんな日が来るとは。。。

しかし舞い上がってしまいありがとうございますを連呼するだけの自分でした。。。

春っぽい色合いでいい感じにレイアウトして頂いております。

本屋さんで見かけた方は是非お手にとって見て(なんならそのままレジへ持っていって)ください!

 

 

 

 

 

へんなものみっけ!17話目

f:id:kokokarahajimeru:20180130212306j:plain

f:id:kokokarahajimeru:20180130212312j:plain

 

発売中の月刊!スピリッツにへんなものみっけ!17話目載せていただいております。

サシバ放鳥の回です。

アセスの仕事をされている先輩にかなり色々と電話でお聞きさせていただきました。

獣医師の先輩にも保護した後の手順をお聞きしました。

Kさん、Yさん、ありがとうございました。

 

来月号はなんと雑誌の表紙を描かせていただいております。

いいんだろうか。

 

連載が決まった時、雑誌の表紙を描いたら、1段上がった感じだなあ。。。とか考えていたのですが、、、

上がった感じはまだ全然していません。

しかしこんな新人(?1年経ったらもう新人ではないかもですが)に表紙を描かせてくれるとは、太っ腹な雑誌です。

ありがとうございます。

 

描いた感想ですが、いつになくでかい絵だったので、バランスがなかなか取れなくて苦労しました。

ある程度以上大きくなると、『納得できる絵が描けたかどうか』を認識するキャパを超えるらしいです。

でも来月は本屋にこそっと見に行くに違いない。。。

 

 

 

漫画家さんのおいしい差し入れ / スピネル

comip.jp

 

こちらに差し入れ漫画を書かせていただいております。

去年の今頃よりちょっと前くらいの実話です。

 

差し入れ についてですが、かなり迷いました。

思い入れや感謝などでは選べなかったため、

インパクト!

の1点でこれを描かせていただきました。

 

すぐ読めますので、ぜひ読んでみてください。

 

編集さんに繋いでくれたのも、差し入れをくれたのも同じ河田さん、ありがとうございます。

 

 

へんなものみっけ! 2巻 3月12日発売です。

f:id:kokokarahajimeru:20180122212228j:plain打ち合わせを打ち切って帰ってきましたが、電車が死ぬほど混んでおりました。

2巻の発売日、3月12日になります。

あんまり早く発表しても忘れられそうだなあと思ってタイミングを迷っているうちに、amazon予約が出てました。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

ちょっとあれこれやらなきゃならないことが立て込んできて、年賀状もかけてないし寒中見舞いも怪しい。。でも10円切手を30枚買ってきました。

予想はしていたのですが、希望的観測で奇跡的に年賀状を書けるんじゃないかと、54円ハガキを買ってしまっていたのですよねえ。。。

 

あでも渋々敗北を認めて行った郵便局で、とっても可愛い切手を手に入れたので良しとしました。きんぎょがにげた って読んだことはないですが、可愛いですね。

単行本作業と原稿がひと段落ついたら、もう1シート買ってこようかなあと思っております。

f:id:kokokarahajimeru:20180122213405j:plain

へんなものみっけ! 16話目

f:id:kokokarahajimeru:20180101124148j:plain

f:id:kokokarahajimeru:20180101124200j:plain

 

あけましておめでとうございます。

昨夜はのんびりお蕎麦を食べて家族と団欒。。。といきたかったのですが、、、、

鬼のようにおでん作りまくって、来週締め切りの原稿を描き上げる準備をしてました。

 

発売中の月刊!スピリッツに、16話目載せていただいております。

今回はサシバという猛禽も出てくるのですが、脚の爪を描いていて気がついたこと。

なんかこの爪のカーブ、見たことあるなあ。。。この立体感。。。

と思っていて、あっと思いました。

連載第一回目から度々出てくるのですが、ものを引っ掛けて引き寄せる手鉤(テカギ)と同じ形

f:id:kokokarahajimeru:20180101134101j:plain

なんです。(実際比べてませんが、描いた感触が)

手鉤は大きな動物の解剖には欠かせません。

(クジラの解体用の、クジラ鉤(鈎)というものもほぼ同じような感じに見えます。)

とっかかりの少ないものや、ズルズル滑るようなものを動かすのに良い。

 

恐らくこの鉤のカーブがこれ以上きつくても緩くても、引っ掛けたり力を込めて引き寄せたりしにくくなるんだろうなと思います。

実際使ってみた時、シンプルなのによくできてるなあと思ったのを覚えています。

 

で、そういえばマグロもこれで扱ってたような。。。と思って調べたら、マグロ鉤(鈎)なるものもあるようです。

しかしこれはカーブがきつい。

でもこっちは、魚を捕まえるミサゴという鳥の爪ととても良く似ています。

 

「引っ掛けて放さない」ってことを追求した究極形が似てるって面白いですね。

まあた当たり前のことなんですが、、、

なんか自分的にヒットした出来事でありました。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

13日は小学館の謝恩会でした。

f:id:kokokarahajimeru:20171218213539j:plain

いつも原稿の特に大変な消しゴムかけと、ベタ塗りを手伝ってくれる妹と2人で参加させて頂きました。

 

あれやこれや豪華でしたが、これがイチオシでした。

氷の魚!

そして、ものっっっっっすごい人でした。。。

去年より500人も多かったとか。

名札がないので誰が誰かはわかりません。

まあ、わからない方がいいとも思いますが。

すごい作家さんがあっちにもこっちにもいて、大混乱になりそうだし。。。

妹曰く、「すごい色んな個性の人がいる、、スケッチしたら色んなキャラクターの参考になりそう」

 

担当の編集さんにいろんな方を紹介して頂き、とてもありがたいお話をいろいろ聞けました。

他の編集部の方のご意見や、感想がとても励まされました。

この漫画いいですよと言われたものを早速買ってみたり。

藤田和日郎先生とちょこっとお話しさせていただいたのが貴重な経験でした。

うしおととら、高校の時に回し読みしてました。」

「それは嬉しいですね。だって自分の漫画、回し読みしてくれたら嬉しいでしょ?」

「はい」

・・・みたいな、なんだかありふれたことしか言えませんでしたが、、、 

 

とにかく嬉しく、ありがたい経験でした。

頑張ろうと思えた一夜でした。

 

またこの場を借りてお礼をさせて頂きます。

Kさん、本当にありがとうございました。